まゆすきダイアリー

自転車を中心としたささやかな日常を綴ってます。佐久間まゆさんって知ってるか?

ホモは二度刺す

 

しばらく更新してなかったけど、何もしてないわけじゃない。わざわざブログに書くほどのネタがなかったんだなあ。

 

だけど今日割とレアめな体験をしたのでその話をば。正直思い出すだけで胸糞なんだけど。文字ばっかりでごめん()

 

 

 

時系列順で話そう。ひと月ほど前だったかな?そろそろみかんの旬かなと、みかんで知られる某道の駅に寄り道。勿論サイクリング。

 

自転車を施錠していると、一人の男(50代ほど)が近寄ってきた。「あ、これは話しかけられるヤツだな」と思ったら案の定。声をかけるや否やクッソでかいみかんを手渡して食べてみろと。差し入れと言うには少しニュアンスが異なるものの、割と甘かった。(少し水っぽいとも思ったけど)お礼を言うと今度は、道の駅の試食コーナーのみかんを食って来てと。はあ…?変なことを言うオッサンだなと訝しみながらも試食。恐らく自分のみかんが甘い!そう言って欲しいのだろう(試食のほうが甘いっすよwては言わないよね普通)けど、試食のほうがめちゃくちゃ甘くて草生えたわ。おっさんにはどっちも変わらないくらい甘いと伝えておいた。両者の株を下げず、気持ちに嘘はつかない聖者ぶりに我ながら脱帽。いや普通に嘘ついてるな…。

 

 

それから少しおっさんと立ち話をした。といっても、声かけ事案あるあるの内容ばかり。やれどこから来ただの歳はいくつだのetc……あと、みかんをひと袋とお茶を貰った。するとおっさんがこう言った。「立ち話も体が冷えるから車の中でどうだ?」

 

 

は……?帰らせてくれとうんざりしていたけど、色々貰ったしあんま突っぱねるような言い方もできなかったので僕は誘われるままホイホイと車の中について行っちゃったのだ!

そこからさらに始まる(一方的な)雑談……みかん農家の話も程々に始まる汚らしい猥談。実に2時間!適当な相槌で聞き流しても終わる気配がない。あの、俺帰っていいすか?…とも言えなかった。延々と続く話も閑話休題と言わんばかりに、おっさんはツボを知ってるから脚を見せてくれと言ってきた。さすがになんか変だと思った。遅せぇよ!今更かよ!

ウーン、確かにツボは一応知ってるらしい。自分の手帳の末尾にツボが記載されたページを得意げに解説しながら俺の脚をベタベタ、モミモミ。駐車場の整備のおじさんがたまにこっちを見てくる。そりゃそうだ、農家(?)のおっさんが車の中で自転車用のウェアを着込んだ青年の脚を揉んでいるのだから。

ふくらはぎとか足裏ならまだいい(よくない)けどエスカレートしたおっさんは太ももどころか足の付け根まで触ってきやがった!おいコラ!触んな!!それもうほぼチ…やんけ!!しかも伸びきった爪の角が引っかかって痛えし不潔だバァカ!!あああああウェアを乱雑に引っ張ったりすんなこのカス!!😡💢💢💢💢💢

…とは言えず。気持ち悪さよりもどっちかというとキレてるほうが近い。会話の素っ気なさ演出のため一度として顔を見てはいなかったが……ね っ と り と 薄 気 味 悪 い 笑 み

 

ウオオォエェ!!!あー察した!ようやく全て察しましたよ僕は!!オエ!道の駅に来た時から既にロックオンされてたわけね!若い男の脚を揉めて満足げにしてんじゃねえよ!!俺はノンケだ!!しまいにゃ「行きつけの温泉に行こう」だと!?どう考えてもハッテン場じゃねーか!知ってる温泉を幾つか挙げても全部違うとか言うしもう怪しさしかない。てめーみたいなカッパジジイは沼にでも使ってキュウリでも咥えてろ!

 

 

…思うことは多々あれど、みかんを渡したいからと愚かにも連絡先を交換した(断れなかった)俺は帰ったら連絡くれやと言われ、事なきを得た。連絡先は着拒にして電話帳から消した。その日はジジイに揉まれた脚の感触とねっとりとした笑みがへばりついて離れなかったのだった……

 

 

 

 

 

と、いう前置き。長くて悪かったな!

そんでまあ今日適当にサイクリングに出かけたわけですよ。セブンで大盛りナポリ(これすき)とサラダチキン、塩おにぎりにコーラ、唐揚げ棒のカロリー充電セットを買ってウキウキで店を出て自転車のもと…もとに……誰かいる?

 

俺のクロモリロードは年上ウケがすこぶる良いもんなあ~~などと思っていると…ウッ!!!!!!!お前は!!!!!!!!!!

 

 

ねっとりホモジジイ!!!!!

 

 

瞬間、パブロフの犬よろしく、あの不快な記憶が呼び起こされた。絶望とも不快とも取れない、べったりドロドロとした薄気味悪い感情、カッパ、生暖かい指、引っかかる爪の感触(思い出したくない)……

 

出待ち!?出待ちか!!?!???!??

ウソだろ。俺の自転車なんてちょっとしか見てなかったはずなのに…いや、俺が試食に行ってる間にじっくり見られてたか?そんなことはどうでもいい。単に自転車乗りの身体が好きというわけでもない。あれは間違いなく"この自転車に乗ってるのは以前会った彼に間違いない"という様子だった。ホモの記憶力、恐るべし。

 

クソクソクソ!ナポリ食いてえし唐揚げ棒が冷めるじゃねーか!俺は以前とは違う。近寄ってくるジジイをガン無視!回避!小早川セナも真っ青な身のこなし。鍵を光の速さで解き、ポケットに入れる。あ~~顔を覗きこんでまで話しかけてくんな!もうこいつにこれ以上関わったら絶対にダメだ。俺の肛門は俺が守る。買い物袋片手にそそくさとヘルメットを被り、退散!!なんてこった……ばったり出くわすにしろ相手を選べ、相手を。不幸にも再開してしまったせいで、カッ…ジジイを撒いたあとに食ったナポリは全然おいしく食えなかった。精神衛生上最悪だ。

 

 

……ってのが、(先月の"仕込み"を踏まえた上での)今日のできごと。君ら、ネット上に蔓延るホモを観て笑うのは大いに結構だが、いざ本物に会うと大変ですよ。人との出会いを楽しむのは良いけど、八方美人と言う訳にもいかんのです。少しでも変だなと思ったら、たとえ良心が痛もうとも、思い切ってつっぱねる。そういう心意気も持とうね……

 

帰り道スーパーで買い物してたら、賞味期限切れが近いコーナーにぽつんとキュウリが置いてあって草生えた

 

〜fin~