まゆすきダイアリー

佐久間まゆさんのオタクですけど、最近は自転車の話しかしていません。

耶馬渓が良かったという話

 

一旦、ちょっと長めに走ろう。

 

そう思った(夜中に目が覚めた)俺はのそのそと準備を進め、大分県中津市耶馬渓周辺を走ることにした。

 

や…じゃ?まけい…??『やばけい』です。

 

秋装備に、今回はモンベルの最強腹巻を追加して明け方の冷え込みに備えた…が、手足に冷気が刺さる。

f:id:Mysk:20191110132947j:image

""""""冬""""""であるか?冬である。全身に霧を浴び(ここ幽谷霧子ポイント)、英彦山からの長いダウンヒルで体が冷蔵庫になってしまった……。甘く見ていた。気づいたらもう11月かあ〜そりゃ寒いわけだ!ハハハ!

 

f:id:Mysk:20191110133533j:image

幸い、数キロ先の道の駅に休憩室があった。神の恵みか?誰もいない薄暗い明け方にひとり体を震わせる姿、"限界"がキまってて中々様になっていた…

 

 

 

まあそんなこんなで耶馬渓に辿り着いたわけだが、耶馬渓が良かったという話をしよう。

 

まず、道が良い。

路面がとにかく綺麗なのだ。さらに、サイクリングロードもある。(メイプル耶馬サイクリングロード:全10km、レンタサイクル有)

 

f:id:Mysk:20191110134216j:image
f:id:Mysk:20191110134226j:image
f:id:Mysk:20191110134238j:image

こんな綺麗な路面を延々と走れるんだ。最高か?太いタイヤ履いた意味あんのかって感じだ。ちなみに写真から察せると思うが、山道だ。山。たのしいね!

 

一方で、舗装が綺麗なだけが良い道ではない。林道もあるぞ!もちろん電波なんて無い。大自然に身を預けて遠慮せず走れ。(でこぼこ林道は個人的性癖です)

f:id:Mysk:20191110134450j:image
f:id:Mysk:20191110134501j:image

※前回のタイヤの話を続けると、28Cに5.2気圧くらいで乗ったら"最高👏😭"になりました。ロングライドが楽しくなります。ぜひお試しあれ

 

 

 

次。景色が良い

山岳コースだもんね!当たり前か!ちなみに耶馬渓は紅葉が結構いい感じらしいですが、まだ気持ち早いかなって印象でした。

f:id:Mysk:20191110135302j:image
f:id:Mysk:20191110135314j:image
f:id:Mysk:20191110135400j:image
f:id:Mysk:20191110135327j:image

 

 

 

今日は、夜に塗りつぶされて物音ひとつしない英彦山(野峠?)を超えて耶馬渓でガタガタ震えたあと、サイクリングロード経由で山岳コースに突入。

 

山を走ってると、いろんな出会いがあるわけですね。今日は、

🦌🦌🦌🦌🦌🦌🦌🦌🦌🦌🦌🦌

🐗🐗🐗🐗

🐈

🐇🐇

🐕🐕🐕

これくらいのエンカをかましましたかね…鹿がマジでたくさんいた。あいにく走行中突然現れては去っていくので撮る暇がなかったが。けど、真っ暗な山を走ってる時にこっちをまっすぐ見つめて微動だにしない鹿が照らされるとめちゃめちゃビビる🥺🥺🥺こっちみんな!

 

動物の写真といえば

f:id:Mysk:20191110205706j:image

🐗←inoshishi crossing←🐗🐗🐗←

子連れのママンはとても"""元気"""らしいので、ここで折り返して関わるのをやめました。

 

食べ物は、ベタだが唐揚げ、地鶏焼き、蕎麦饅頭ですかね。冷えた体にできたてホカホカの蕎麦饅頭は美味かった……。

 

 

最近レース系のシリアスな走りばかりやっていたので、今日久々にまったりとゆる〜く走れて非常に楽しかった。

耶馬渓は非常に快適に走れるので、ロングライドの拠点になりそうな予感……!!

f:id:Mysk:20191110210759j:image

今日は、こんな感じでした。以上、解散!

 

 

 

コンチ5000TLに打ち勝て

 

掌がヒリヒリと痛いぜ。

f:id:Mysk:20191104142032j:image

昨日コンチ5000TLを買いました。ベストセラー進化版の立派な高級タイヤですが、チューブレス版は賛否が別れている模様。

 

チューブレスタイヤ使用歴は

 

マビックUST25C

マビックUST28C(約290g)

IRC light23C(約245g?)

 

でした。興味本位で28に手を出し、TL×太いタイヤの乗り心地に感心しつつもヒルクライムにおいて軽さは正義!と宣って23を履きました。

ちなみに、シーラントは30mlを基本にしてますが、28Cの時は倍近くタプタプ入れていた記憶があります。

 

確かに23Cの出だしは軽い。けどビリビリと伝わる振動が気になるのと、ヒルクライムに大してプラス効果を感じなかったので再び28に戻す次第です。25は何だか中途半端で、個人的には何かステータスを振り切ったような"クセ"がある道具を好む習性があるらしい…。

 

 

 

というわけで、早速装着…が、本当に硬い。

今までとは明らかにレベルが違う硬さ。片ビードを嵌める時でさえ手こずったのですから、並大抵の作業難度ではありません。

f:id:Mysk:20191104143257j:image

ええ、勿論持ってますとも。IRCのタイヤレバー😌💦

 

石鹸水、ビードたぐり寄せ(?)…数時間格闘してもダメだったので、その日は不貞寝(:3_ヽ)_

 

今日起きて、改めてよく考えてみると、こいつのビードが鍵を握ってそう。

f:id:Mysk:20191104143601j:image

このぶっといビードがあるじゃろ?

 

ビードを嵌めた段階で、リム中央の溝を占拠してしまうので全然嵌らないという寸法か?

f:id:Mysk:20191104144006j:image

ちょっとでも外周を縮めてビードを嵌めやすくしたい、というかそうしないとTLタイヤは多分無理だろう。

 

タイヤをつまんで、意地でも嵌めたいビードを中央の溝に持っていく&最初に嵌めたビードを溝からずらす。そこをどけ。お前の居場所はそこじゃない。

 

 

 

〜1時間後〜

 

 

悶絶の果てに、完遂。

f:id:Mysk:20191104144456j:image

今までビードの厚みなんて見てなくて、とりあえず溝に持っていけばそれで作業できていたという前提(思い込み)があった模様。マビックのUSTシステムというぬるま湯に浸かっていたからだろうか。USTはいいぞ。

 

 

作業後、フロントからエア漏れ。昨晩手こずった分、内側が少し傷んだのかもしれない🤦‍♂️

 

とりあえずシーラントを20ml入れたら収まりました。様子見としましょう。リアは特に異常なし。

 

 

 

5000TLの特徴として、完全チューブレスを謳っているという点があります。その都合上、密閉性向上のためタイヤが厚く重くなっているのは仕方ない、というか当然でしょうか。5000TLの28Cは1本340g!激重デブタイヤ!

※↑5000TLの詳しい構造についてはすごく割愛した表現を使っています

 

しかし一応シーラント使用を"推奨"という曖昧さ。チューブレスの悪い所です。電子の海で、5000TLへの不評は大体このへんの話に集まってると感じてます(僕調べ)。

 

確かにタイヤ厚くしたけど一応シーラントも使ってね!なんて言われたら最初からシーラント使うからタイヤ重量増は抑えてくれ、というのはそれはそう。

 

僕のリアはシーラント無しでも今のとこ密閉性は確保できてそうな印象です。一晩馴染ませたあとの空気圧を見てシーラントを入れるか検討します。

 

 

後日、エア漏れの程度や乗り心地、シーラントあたりの話も交えてインプレを👋

 

 

 

 

体、こわれる

 

こわれるなあ…

 

やばいぜ、体。

今日は自転車の話ではないです。日常回。真面目やシリアスな漫画にたまに挟まれる息抜き回みたいなの、ええやん?それと同じよ。サラッと綴るんで、息抜き感覚で軽く流しちゃってくれ。

 

 

さて、体がこわれると言ったな?

 

簡潔に言うと、

 

 

 

 

うんちが大量に出る

 

だ。回数ではない。"量"だ。

 

何だろう。まずは深く考えないでくれ。

f:id:Mysk:20191028195838j:image

優しいもの…優しいもの…!

 

俺は胃腸が弱いのか?食べたもの(と併せてついでに俺の体の一部も)そのまま出ていってる気がしてならない。

 

量もキロ単位は間違いないだろう。ドドドドド!ふといものが押し通る。波打つように菊が咲き(≒裂き)乱れる。

 

座っていれば座っているだけ出る。マジで無限に出る。やーい!お前のケツから六武衆!

f:id:Mysk:20191028200435p:image

 

うむ、気分爽快!

…というわけにもいかなくてな。いかんせん、切り上げるタイミングがわからない。

 

便器に座って、早く出さなきゃ…出す…座る…出す…座…出…出……

f:id:Mysk:20191028201348p:image

 

!!!!!ブ

 

八面山ヒルクライム

 

行ってきました。キツかったです。[完]

 

じゃなくて、せっかくレースに出たんだからその中身について話をさせてください。

f:id:Mysk:20191020152734j:image

輪行で中津に到着後、トイレを済ませてぼちぼち会場に行き、受付をすませると……

 

…コースが一部変更とのことです(今知った)

登りっぱなしからV字型の登り返しコースに変更。距離はほぼ変わらず5kmちょいのまま?

 

 

とりあえず過去の記録とかが参考にならなくなったわけですけど、英彦山を共に走った人達と再開したのち、一緒にアップに行きます。

f:id:Mysk:20191020153147j:image

↑FD台座の修理が終わり、代車でなく785RSを宿して完全体と成った熊本のKタク。結果、彼は総合2位の座につきました。相変わらず強い……

 

f:id:Mysk:20191020153505j:image

開会式が終わり、出走待機。

冷えるねー^^とか言って上着を着込んでいましたが、スタート直前にハッと気づいてアワアワと慌ててバックポケットにin。セーフ!

 

5人単位でのウェーブスタート方式(約1分間隔)で、かのKタクと同グループでスタートする次第となりました。

 

八面山はコースを3分割するとキツい、死、ややキツいという感じです。頑張りましょう。

 

 

序盤で案の定彼はコーナーの果てと消えていったので、無理せず己の9割近いペースで行きます。今回はこのペーシングでいい感じに出し切れたのでよかったかな?難易度が低めのコースだと多少無理しても速い人に頑張ってついて行ったほうがタイムは出るかもしれないが…

 

 

中盤あたりはだいたい10%ベースのキツいつづら折りが続きます(勘弁してくれ)ので、先にスタートした人達やペース間違えて大きく失速した人達でまさに死屍累々。

 

コーナーがだいたい人でスペース空いてなかったので、やむなく勾配がキツいイン側をズバッと出力上げて切り抜けるしかなかった(キツい)

 

 

比較的得意な激坂コースなのでモチベも高く、アドレナリンも良い感じで足がよく回る!

f:id:Mysk:20191020165516j:image

中津を一望できるくらい見晴らしが良いポイントを過ぎると、残り2キロ弱。

このあと待ち構える八面山トップクラスの激坂をクリアすれば斜度がグッとマシになるので、ここぞとばかりに足にも力が入ります。

(´-`).。oO(英彦山では序盤で足が終わり、緩斜面でペースアップどころじゃなかったな…)

 

 

Kタクと一緒に出た人も道半ばで捲り、以降追い抜きオンリーで抜かれてはいない様子。(時差スタートなので後続との距離感はなんとも言えないが)

 

…(総合はキツくても)年代別入賞、取りに行きます。行ける気がします。キリッ。

 

 

ゴールまで1kmを切り、斜度が再び緩んだタイミングで徐々に負荷を上げてフルアタック発動!コーナー先にチラチラと先行スタートした所属チームの先輩が見えたので、ゴール手前で差してフィニッシュといくか!!!

 

アウターに上げてるか ヨシ!

チェーンラインがブンブン、ビリビリと低い唸りを上げるたびにフレームが撓り、力強く地面を蹴る。

 

足はギリギリだけど気力でカバーできそう。このコーナー抜ければラスト、いける……!

 

………!!

 

 

……………ああ!!

 

あと2コーナー残ってた(なお、斜度↑)

 

 

オタク「あ゚っ!??」

f:id:Mysk:20191020155432j:image

 

足「😇😇😇」

オタク「😭😭😭😭😭」

 

〜オタク、手前200mにて撃沈〜

 

 

 

これより、成績を開示する!!!

 f:id:Mysk:20191020174545j:image

総合10位、年代5位Ω\( º﹃º` )チーン

 

シングル(1桁)リザルト、年代入賞まであと30秒でした。僕の思い上がりでした。ハイ…

 

ちなみに表彰ですけど、御歳76歳(!?)の最年長クライマーがいらっしゃいました。

f:id:Mysk:20191020173707j:image

健康とは何よりの宝である。

 

f:id:Mysk:20191020174244p:image

総合2位、年代1位のKタク。おめでとう!

 

 

カメラマンに"真剣"な俺は降りそそぐシャンパンなんて気にならないぜ。そう、モンベル サイクルドライシェルならね。

 

弁当食べておしゃべりして、解散!!

 

冬は頑張って走り込みます……

 

f:id:Mysk:20191020174742j:image

これは帰り道に見かけたコスモス畑。

 

では👋🏼

 

みやこサイクリング2019

f:id:Mysk:20191013162441j:image

行ってきました。初のゆるぽた系イベント。

天気は晴れ&爆風

 

家を出た瞬間にげんなりした。

風も相まって明け方の冷え込みが相当なものだったので、家に戻ってレッグウォーマーを引っ張り出してきた。

f:id:Mysk:20191013161948j:image

まだ11月にもなってないんだが、今年の冬を駆けることはできるのだろうか…

 

 

f:id:Mysk:20191013162115j:image
f:id:Mysk:20191013162104j:image

7:30に現地集合。開会式はまだ先なので、人はまばら。

 

f:id:Mysk:20191013162535j:image

僕ら伴走スタッフには黄色い襷を巻いて出走。何かあったら、どうぞ僕らに声をかけて頂ければ。僕は、約70kmのチャレンジコース伴走スタッフとして出走しました。

 

f:id:Mysk:20191013162714j:image

人の自転車を見るのは楽しい。

自転車は身分証。今日はロードだけでなく、クロス、MTB、小径車もお目見え。ママチャリやリカンベント等で出走する変態(?)はいませんでした。

 

 

 

僕はグループ先頭付近に混ざって走る…が、出発後30分も経たずにパンク第1号と遭遇。タイヤが軽く逝ってたので、タイヤブートをプレゼント。

 

 

序盤が比較的起伏に富んでおり、はやくも自転車を押して歩く人がちらほら。

ゆるぽたイベントは走力のばらつきが大きいけれど、僕が前も後ろも見てきた限り平均15~20km/hで走れれば充分間に合うといった感じかな?

回収車、曲がり角での道案内、路面に引いた白線、路面の清掃など走りやすい環境整備はバッチリ行き届いてるみたいです。

(僕も結構な方向音痴で参加者をいらぬ方向に連れ回さないか正直心配でしたが、杞憂でした)

 

 

そんなこんなで走っていると…あーっと、路肩に座り込んでるお兄さん!大丈夫ですか?脂汗が浮いて、体調がやばそうです。幸い、近くに運営さんの車両も居たので補給食をプレゼントした後、リタイアとなりました。

 

 

…ハイ、ほぼ立て続けにトラブルに立ち会ったわけですけど、とりあえずは無事に(?)1stエイド到着。

f:id:Mysk:20191013164506j:image

林龍平酒造さんの、酒粕プリンとバナナ、お菓子、ドリンク。

甘さ控えめでウマウマ!

 

 

先程のトラブル対応で位置がだいぶ下がりましたが、エイドに結構人がいて安心、安心。

一緒に走る参加者と言葉を交わしつつ、次のエイドポイントを目指します。次は、フルーツらしいです。ライド中に食べるフルーツ、たまんねえな…!!

 

 

そこに至るまで、峠のような山道を登る必要があります。…やはり死屍累々としてました。ゆるぽたとは?いや、そもそも普通の人はこんな山道を自転車で登らないという前提があるのかもしれない(?)

 

それでもやはり、ヒルクライムが好きな身としては登りは楽しいな…などと思っていると……あーーーっと!!反対車線の路肩に座り込んでるお兄さん!こんにちは!どうされましたか?

ああ!チェーンが切れたんですね!😀

 

…?

チェーンが切れた…!?🤔💦

レアメカトラに遭遇。しかもまだ替えて半年とのこと。しかし、替えのピンやリンクを持ってないので、残念ながら回収車を呼んでドナドナされました…連れが体調を崩されてソロ出走と仰ってましたが、都合が悪い事ほど連続して遭遇してしまうということか………

 

とりあえずヒルクライム一人旅という状況になったので、しばし脱・ゆるぽた三└(卍^o^)卍ドゥルルルル

 

 

2ndエイドがある果樹園が見えてきました。

f:id:Mysk:20191013170211j:image
f:id:Mysk:20191013170201j:image

松木果樹園さんの、梨です。写真は撮り忘れました。うめえ!!シャクシャク!!もう一個いいですか?いいよ食べな!ありがとうございます!!シャクシャク!!!

 

 

私有地内ということで、収穫に使う軽トラがワイルドな仕様となっておりました(!?)

f:id:Mysk:20191013171225j:image

 

こちら、フルーツ工房えふというお店を経営してらっしゃいますが、こちらのスイーツなどは開店前から人が並ぶほどの人気だそうです。

軽くスクショ貼っておきます(好物贔屓)

f:id:Mysk:20191013170745j:image

 

コースアウトや体調不良の情報もちらつきましたが、参加者たちの流れに合わせて先導していきます。今回は、結構走力がありそうなお方なので、グループ単位や個人のレベルに合わせて先導ペースも変化していきます(この辺りの調整がかなり難しかった…)

 

 

少し走ると、ショートコースの方とはお別れ。後2コースはさらなる登り区間へと差し掛かります。ヒルクライムだよ!やったね!?

 

逸る気持ちをを抑えて、ぼちぼちなペースで3rdに到着。うん、実にスムーズな走りだ。なぜかって、そりゃあ…強烈な追い風のおかげだからね。復路がどうなるかは、言う必要はないよね?

 

出来たて新人ダムの伊良原ダムでのエイドです。はちみつしょうがドリンク。これもまた写真の撮り忘れと、提供先を把握し忘れるガバムーブ…

f:id:Mysk:20191013171642j:image

路面が綺麗で走りやすいぜ!!!!ダム周回コースにヒルクライム、道の駅的な施設と至れり尽くせりなスポット。

 

ここ辺りまで来ると、だいたい参加者たちの走力も安定してきて僕らもさして心配がいらない様子。

2手に分かれて、チャレンジコースのみ味わえる4thエイド目指してまた少し登ります。伊良原入り口からトータルで8~10kmくらいじゃないかな(適当)

 

僕は後半組で追いかけましたが、足ちゃんがはしゃいでしまいました。これの意味することとは…?

f:id:Mysk:20191013172116j:image
f:id:Mysk:20191013172126j:image

じゃぶちキャンプ場猪汁。猪料理って初めてだ…!

走ったあとの温かいお吸い物はうめえ!!豚汁レベル80くらいのコク?とにかく、うめえ!!ゴクゴク!!

 

 

あとは帰るだけだが、この風のそよぐ音たるや、心の中のため息を体現しているかのよう。

 

進まねー!!!と喚きながら走っていると、おや!反対車線に座りk……

 

こんにちは!!パンクですね!!!

f:id:Mysk:20191013172819j:image

何と今回はMTBちゃんとご挨拶。こやつの太いチューブに携帯ポンプで空気を入れる手間…思わず尻込み。たぶん、今日イチで疲れた気がしないでもない。

 

山口くんまたパンク?www

"持っとる"ねえ!

…などとあたたかいお言葉を頂きました。普段メカトラ起こさないツケを他人に振りまいているようです(ごめん)

 

 

このMTBのお兄さん、大学サークル最後のサイクルイベントとのこと。アルバイトで買った大事なMTB、アツい。

復帰後、一緒に走っているとまたすぐパンク。ああ、携帯ポンプでなくガスボンベを持ってくるべきだった………

 

予備チューブが逝ったのでパッチの準備をするが、不幸にもバルブ根元でパンクしており復帰不可!しかもさっき取替えたチューブもバルブ根元!!ああ!!!

ホイールを見ると、リムのバルブ穴のエッジに擦れて裂けてしまったみたい?樹脂でなく、ゴム製のリムテープ(?)が張ってあったんですけど、MTBのリムテってどれもこんな感じなんですか(無知)

 

……ドナドナ。

いや、これもまたいい話のネタになるかもしれないじゃん!ゴールちょい手前で連続パンクしてリタイアしました!って。でも、学生最後のイベントでリタイアかあ………😭

 

それ以降は特に何事もなくゴール。いや、何事もなかったわけではないな。向かい風と終始熱烈なハグを交わし続けてヘトヘトである。

f:id:Mysk:20191013173859j:image

支給品専用焼肉弁当(激ウマ)と、屋台巡回デブモード全開でカロリー補給。ごちそうさまでした!完!!

 

 

所感

 

 

☆___わたしの"初めて"は、あなたがいいの__

 

 

苦悶の相を浮かべ、息を乱した末に、わたしの処女は熱く儚く瞬く間に終わってしまったのだった……

 

 

………

 

 

 

すいません、自転車レースの話です。

 

来たる9/29(日)、九州のヒルクライム頂上決戦に行って参りました。英彦山ヒルクライム

 

ぼくが今回レース初参加ということで準備とか色々不安だったんですけど、やはり受付場所がわからずタイムリミットに滑り込むというバタバタ具合。さらには手荷物預りで計測バンドも一緒に預ける(!?)という不手際…たいへんよく気付けました(運営の方にはご迷惑おかけしましたm(_ _)m)

 

f:id:Mysk:20190930034557j:image

人が多い…今年は総勢581人らしいです。大所帯。

 

受付を済ませてフラフラしてると、見覚えのあるウェアと自転車たち。自転車を見れば誰かすぐわかるので、自転車が身分証と言って過言ではないと思いますかね……

 

 

長崎熊本福岡あたりで知り合った人とほぼ全員と再開&その人たちの言伝で片特定されてた人&もしかして○○さんですか?と顔見知り(?)のオンパレード。

 

立ち話もそこそこに、年代カテ別に整列するので皆さん頂上でお会いしましょう…とすると、長崎のクラブ創設者IW氏のリアが突然パンクw(無事間に合ったみたいです)

 

 

そんな感じで、あっという間にスタート5分前。マジ?時空歪んだな?

 

 

f:id:Mysk:20190930035625j:image

こういう時、周りの人たち皆強そうに見えるよね。あるある。ま、まあ一旦飲み物でも…って、ボトルほぼ空やんけえ!もう今更どうしようもねーか!ガハハ!😅

 

 

とりあえず深呼吸でもしてたら、辺りでクリートをペダルに嵌める乾いた音が鳴り出すとともにピリピリと空気が張り詰めていく(ような気がした)。

 

以下、レースド素人のレースレポです。

 

 

序盤数キロの苦手な緩い上り、やはりトレインが生えてくるのでそれに乗じる形で。

 

この区間で速度乗せておけばタイムは出るが、トレインのペースが個人的にややキツめだったので(風よけ効果を貰っても)体力を消耗してしまう形に…。俺は緩い登りを高速で上がるのが苦手なんだよ!

なおかつ、ぼくがローテ回して最後尾に着いたタイミングで中切れ発生🥺

 

このタイミング、斜度が上がり始める区間でもあったので、そこ完全に意識から外れてた。ガバガバ展開_(:3」∠)_

 

 

このまま一緒にずり落ちるわけにもいかないので、単独で追おうと前に出たらペースが近い同士で3人のグループ形成。

 

斜度の変化に合わせて抜きつ抜かれつを繰り返して残り4km程の地点で、見覚えのあるTIMEのフレームが視界に入ってきた。カテゴリ別での時間差スタートしてきた長崎最強おじ様I氏に力強くパスされた…速すぎでは??声をかけてくれようとはしていただいてたみたいです。おじ様はカテ別1位、総合2位の成績。トロフィとテレビをお持ち帰りされました。

 

 

途中わずかながら"休憩区間"らしき斜度に変わることがあるんだが、前半のツケが回ってきて全く踏めず。

 

後半のキツい区間、自己べから1分以上遅れを取る垂れっぷり😩😩😩

 

f:id:Mysk:20190930043928j:image

↑ラスト100m程?左足がつりかけてて完全にグロッキーな状態。。。

 

 

スプリントで残りカスを絞り、ゴールした直後に足が爆発⚡️

 

 

ペース配分とか色々考えはしたけど、序盤のトレイン走行で消耗する時点で力不足としか言いようがないので、さらなる精進が必要です。

 

今月20日に中津でヒルクライムがあります。ブランク云々も抜けたしモチベも大気圏超えてきたので、真面目に頑張ります。

 

f:id:Mysk:20191001133433j:image

指定されたコースを下り終え、坂の国の者たちと。

長崎のハードな山々と海岸線のアップダウンでしこたま練習したいなあ…

 

 

とりあえず1番の課題は、パワーを身につけるべく増量だ!!飯を食え、そして走るぞ!!!!!

 

 

 

試走会

 

 

先日、英彦山ヒルクライムの試走会に行ってきました。

 

まァ~~~~~~~眠い。お疲れの体に鞭打ち。いつの間にか再来週に当日が迫っているという事実。多少無理をしてでも1度くらい試走をしておかねば……。

 

あっそうだ、体重とか体脂肪率とかの記録、わすれてました(ガバガバ)

測るのはいいけど入力するのがめんどくさいのである_(:3」∠)_

まあどうせ、54.5キロで11%とかそんなもんだろうなあ。なぜか食っても太れません。増量のコツを募集しています。

 

 

10時に添田公園集合。着くや否や、ナンバーを渡されたり、荷物を預かってくれたりと、結構マジな雰囲気が…あれ、もしかしてもう前哨戦から既に"レース"は始まってる感じですか??

f:id:Mysk:20190916180414j:image

 

 

人数も20人くらい集まり、時間差での出走やら計測など色々説明を受けてスタート地点へ。スタート前の、「今からアレに登るんか…」という憂鬱な気持ちになります。。。

 

 

それでもスタートすればスイッチは入るわけで。ちゃんと登りました……が、自己ベストより分単位でズルズルと大きな遅れが。感覚的には悪くなかった(むしろ良かった)割に結果が伴っていないあたり、やはり空白の2ヶ月で相当落ちた体力を埋めきれてないご様子。あと2週間…あと2週間!!?!???

f:id:Mysk:20190916183303j:image

レース後に皆さんと食べるスイカやコーラ等、美味しかったです。色々と準備から後片付けまでお世話していただい方々には頭が上がりません。

 


f:id:Mysk:20190916183320j:image

f:id:Mysk:20190916185414j:image

f:id:Mysk:20190916184300j:image
f:id:Mysk:20190916183326j:image

そのほか、たくさんの素敵な写真たちもありがとうございました。

 

 

 

欲を言えば、その場でビール飲んで送迎という天竜人も真っ青な待遇であれば…と頭をよぎりましたが、何とか振り払いました。

 

なぜなら………

f:id:Mysk:20190916184336j:image

ドン!!

 

f:id:Mysk:20190916184408j:image

ジュウゥ………………

f:id:Mysk:20190916184428j:image

ファイ

ア~~~~~~~~

~~~~~!!!!!!!!!!!!!

🔥🔥🐓🔥🐦🔥🔥🔥🍗🐔🔥🐧🔥🔥🔥🔥🔥🐓🔥

 

英彦山を中津方面に下って適当に走れば、

耶馬渓(やばけい)とかいう里に着くぜ!!そこのダムから伸びる細い道を数キロ登った先に、"""それ"""はあるぜ!!!

f:id:Mysk:20190916184922j:image
f:id:Mysk:20190916184904j:image
f:id:Mysk:20190916184855j:image
f:id:Mysk:20190916184914j:image

知る人ぞ知る感。ちなみにここ、温泉も併設されてるのだ。温泉に地鶏(とビール…)、廃人化待ったなし。

 

味は勿論うめえ!走った後に食うから更にうめえ!!!!ヤバい。耶馬渓でヤバい所を案内されてしまった。ヤバ隠れの里。

 

 

…ヤバ渓でヤバ鶏……w