まゆすきダイアリー

自転車を中心としたささやかな日常を綴ってます。佐久間まゆさんって知ってるか?

ゆめかたお通しサイクリングレポ

 

 

…なあ、ゆめかた別府店できたってよ!んじゃ、行かねえ?イクイクゥ!(一人芝居)

 

そんなわけで、ちょっと別府までサイクリングです。佐賀→八女(福岡)→小国(熊本)→由布(大分)→別府ルート。走りたいコース全部引いてみたという軽率なルート作り。

ちょっとって気さくなレベルじゃあなかったけど。

 

 

 

…っハイ!というわけで八女市をすぎて登りに差し掛かろうという所ですけども、天気は晴れ。最高か?早く登りたくて仕方が無い顔をしておる。

f:id:Mysk:20180922220440j:image

 

このへんで見た里山(?)の風景を見てくれ。奥八女あたり。

f:id:Mysk:20180922220708j:image
f:id:Mysk:20180922220725j:image
はあ〜、ええやん。こういうとこでのびのびと暮らしてみたいな?川のせせらぎと鳥や昆虫の鳴き声をBGMに優雅にサイクリング。今日という日は最高である。

 

 

だが、行く先々はもうひたすら…山、山、山!!あの…別府まだ?

 

ごくありふれた山道なんで見所もなく無心に登ってたら視界が開けてきた。だがおかしい、明らかにキツい斜度でもないのにペースがズルズルと落ちていく…?

 

どっかでペース配分を間違えたんでしょうね。ここ総距離の半分程度だったと思うんですが、だんだん登りを楽しむことよりゆめかたに意識が向くようになりました。要するにウンザリしてきたってことです。

f:id:Mysk:20180922221330j:image

あの…もう十分登ったしそろそろ別府に下りません?ああ、走りが重い…タイヤが地面にしがみついてるような感じだ……

名道百選?で有名なやまなみハイウェイに差し掛かってもマジで終わらない(かといって今更引き下がれない)。

f:id:Mysk:20180922221535j:image

まあ、斜度が平坦に近くなったから心の中で独り言をボヤく位には余裕が戻りました。

 

撮影用のパーキングがあったので良い眺めを一枚。見晴らしはいいけど標高差はそんなにないのでさして高さは感じない。ゆめかた食いたい…食いたくない?

f:id:Mysk:20180922221914j:image

 

 

 

f:id:Mysk:20180923012140j:image

お?終わりか?終わるのか?ほんとに終わりでいいのか???(繰り返されるしつこい山道からか疑い深くなる)

 

 

…やっと終わったよ。小国で昼食って以降1~2時間以上ずっと登ってたんじゃない?なんで俺はこんなことを………てか、ここまで標高あると明らかに空気が冷たい。俺の気分も既にヒエッヒエ。ゆめかた

f:id:Mysk:20180922222112j:image

ちなみに僕の走力は平坦で27~32km/h、登りは斜度にもよるけどだいたい13~17km/hをそれなりに維持出来る程度です。風向き(追い向い)で±2~3km/hほど。

やまなみハイウェイに差し掛かる前までの登り区間は体力が尽きて虚無になったので10km/hあるかないか位でした。そりゃ時間かかるわ。

 

 

やっっっと下り!!ありがとうございます!ありがとうございます!!アウ!!!

f:id:Mysk:20180922222552j:image

 

やまなみ〜……ハイウェイ!!!

Foooooooo↑↑↑ゆめかた食いにイクゾォ!!
f:id:Mysk:20180922222616j:image
f:id:Mysk:20180922222604j:image

アッッンギモヂイイィ!!!下りで足休めたしバンバン踏んで突き抜けるしかねえ!!

途中起伏は割とあったけど、あとは由布岳の脇通って市内に下るだけ。実質ウイニングラン。やったぜ。あばよ山岳コース。もう登りたくない(真顔)
f:id:Mysk:20180922222629j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

由布岳「おい、クライムしろよ」

f:id:Mysk:20180923010203j:image

 

f:id:Mysk:20180923010325j:image

し   つ   こ   い

細くガードレールが伸びてるの見えますかね?もう、あのさあ(呆れ)(思考放棄)

 

写真で見返せば由布岳の立ち姿なかなかに雄々しいけど、当時はまあそんな事1ミリも思わんかったよね。もう、好きにしろ………としか。

 

 

腹減りすぎて赤ランプ状態。コーラでの糖分(ついでにカフェイン)補給じゃ到底間に合ってなくてガス欠で動けなくなるか、登り終えるかの瀬戸際でなんとかクリア。あとは何もしなくても自転車が勝手に別府まで下ろしてくれます。

 

コース地形はこんな感じでした。高度の目安として、長崎での判例だと稲佐山が300ちょい、仁田峠が1000ジャスト、佐賀の天山が800?です。

f:id:Mysk:20180923014542p:image

 

ということで、大本命ゆめかたを食いに行きました。それはまた次回で…。