まゆすきダイアリー

自転車を中心としたささやかな日常を綴ってます。佐久間まゆさんって知ってるか?

二郎系と、約束されし爆死

 

ウィイイィッッス↑ どうも、今日のサイクリングでガッツリ夏バテ?で参ってるまゆすきbotです。今日は来たるキャノンボールに向けた練習として、佐賀で平坦練に励んできたゾイ!

 

 

いや~~もうね、平坦とは無縁な都道府県に住んでるからいざ平坦に出てもペース感覚なんてわかんねえよ。僕が思う長距離を走る上で理想とするペースは、"スタミナが削れていく実感を得ないレベルより僅かに緩い速度"なんだけど、風向風速やら体調やら何やらで一概には言えないわけ。多分僕の場合だと27km位だと思った。これなら僕なりにぼちぼち距離も稼げて結構長時間維持できる黄金比だと思う。ちなみにこれ平坦無風でのお話なんで、起伏があったりしたら少し緩めます。

 

平地を淡々と進むんで、お尻や体幹やらに疲労が溜まらないようフォームを変えたりすることで長距離を走りやすくできます。そうこうしてるうちに佐賀市内に着いちゃいました。向かい風だったけど、平坦って楽なんやなあ(飛ばしすぎ)(死亡フラグ)(後先を考えてない)

 

本日の昼飯です。

f:id:Mysk:20180617155145j:image

f:id:Mysk:20180617155229j:image

がぶがぶラーメンってとこ。佐賀駅近くのヤマダ電機の近く。11時開店凸。2人の気さくな兄貴達が回してて、接客態度がよくて好感がもてました。

 

f:id:Mysk:20180617155507j:imagef:id:Mysk:20180617155526j:imagef:id:Mysk:20180617155431j:image

説明はめんどくさいから画像で察してくれ。初めて来たことを告げたらオーダーのやり方(机にある赤ペンで丸つけるだけ)とか量的な目安とか優しく教えてくれたゾ。ありがとナス!ちなみに僕はオーソドックスにラーメン頼んで、トッピングは上から普少少少。ニンニクアブラはもう一段階多くてもよかったかな?まあこのタイプのラーメンは初めてだし、余裕を持ったオーダーをね?

 

f:id:Mysk:20180617155842j:image

ごちそうさまでした。乳白豚骨汁の民にとって醤油の塩っぽさが気になったけどまあそこは好みと慣れの範疇かなって思った。おいしかったよ。肉が人気ってオススメされたけどあながち間違いじゃなかった。もう普通のラーメン屋の薄っぺらいチャーシューいらんわ

 

 

 

帰り道は地獄でした。体内が油っこいしにんにくのにおいがしやがる。こんなすぐ運動再開だなんて…しかもまわりに立ち並ぶラーメン屋や焼き鳥、お好み焼きののぼり。やめろ!今そういうものを見せるな!吐いちゃう、吐いちゃう~~!ウッ!ウッ!!!

 

気分が落ち着いたところで、帰りは妙に脚が軽く回ると思ったらのぼりや旗のなびく方向が……追い風ラ…サイクリング部!!いくぞ!!!!!!

f:id:Mysk:20180617160948j:image

 

 

あっという間に鹿島に来たところで、なぜか追い風区間はあっけなく終了。向かい風にチェンジ。今まで横着こいたツケが回ってきてもうおしまいだァ ハハ…申し訳程度の筋肉が軒並み終了なさっておる。だけどぼくのフレーム、軽ギアで多く回しても進まないんだよな。特に平地。重ギアねじこんだらズッ ズッ てなぜか進む感じがあった。マジで。これ前の炭素フレームは硬いから脚終わったらもう完全にご臨終だったから、今乗ってるクロモリフレームのしなり(?)が活きたんだと思う。体は死んでるのにペースはそんなに落ちてない感覚。ちょっとだけポテンシャルを引き出せた瞬間だった クロモリ万歳。クロモリ万歳。重いけどね

 

暑さで脳みそドロドロ、アヘ顔キメながら何とか帰れました。相も変わらずペース配分能力は猿並みのおつむでした。学習能力皆無。途中ログ取ったり取らなかったりした区間がちょいちょいあったので正確じゃないけど、とりあえず130は走ったかも。2週間くらい自転車サボって急に暑いとこに出たらまあそりゃバテるわな。

 

薄々感じてはいたけど…キャノンボール(500オーバー)を真夏にやるの、できる気がしないんだが?

 

 

お盆休みのしおり(仮)

 

皆はお盆の予定は決まってるか?

 

18きっぷって単語、聞いたことあるよな?期間限定で買える何か電車乗り放題のやつ。ぼく、これ使ってどこまで行けるかって遊びやりたかったから、盆休みにやってみようと思う。

 

学生の頃は部活とバイトで遊ぶ暇なかった。部活は楽しかったけど、ちょっとオフが少なすぎたかなって思うわ。僕にはバイトもあるしもう休日とはって感じ。大学生の夏休みのおよそ半分合宿所に缶詰めって控えめに言ってヤバくないか?大会前1~2ヶ月前は通常の日程に加えて、平日4時半起床で部活して一限である。たまげたなあ…

 

 

 

だが社会人は違うぜ。週にほぼ確で1~2日休みがある。これだけでぼくの趣味ライフ進捗は学生時代の数倍に加速した。しかし…普通逆じゃね?

 

 

前置きが長くなりました。どこ行くか議論の前に、きっぷの概要を知っておこう。

 

  1. 今年は7/1~8/31の間で販売、有効期間は7/20〜9/10。
  2. 11850円(大人子供共通)で合計五日間を有効期間内の任意の日程で使える
  3. 5人で日帰り旅行、とか2日×2人とかそういう使い方も可能
  4. 普通快速のJR及び宮古島フェリー乗り放題(一部例外区間あり)

 

おさえとくべきはこれくらいか?詳しくは→http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/

 

勿論自転車を連れていきます。行きたい場所と必要な時間や道具なんか考慮しつつ悶々としています。

 

 

1.大阪→東京キャノンボール

 

本命。自転車乗りの間に存在するちょっとしたチャレンジで、この間およそ500kmちょいを(24時間以内に)完走するというもの。体力以外にも天候や補給のタイミング、交通状況、ペース配分とか色んな要素を考慮する必要があって多分僕が想像してるより遥かにきついと思う。しかも真夏。でも、こういう限界チャレンジの類いは何か心惹かれる…惹かれない?無事完走できたときの達成感すごそう。二郎食って帰ろ

 

 

2.乗鞍岳白川郷近辺

 

確か日本で自転車で行ける最高到達点だっけ?標高2700くらいだったかな。とにかく景色がヤバい(ブログ画像しか見たことない)。乗鞍岳 ヒルクライム でググってみてください。これも達成感とかそういう系。白川郷は何か乗鞍に近いから寄ってみようか感覚。長野?富山?地理感あやふやだけど多分あのへんの山々をウロウロするんじゃないかなって思う。山はいいぞ

 

 

3.四国一周

 

上二つがキツ楽しい系の案に対してこっちは娯楽全振り。自転車聖地しまなみ海道とかうどん巡りとか土佐カツオとか四国カルストとかみかんとか。自転車と輪行を駆使しながらご当地グルメとかを食べ歩くやつ。一周は時間的に無理か?

 

 

4.壱岐(対馬?)釣りキャン

 

自転車にキャンプ用品と釣り道具積んで遊ぶだけ。個人的2大趣味を満喫できる点はアドだけど貴重な連休だしとりあえず九州から出ろよとは思う。五島で友達と釣りキャンやったらめっちゃ楽しかったし秋の連休でもよくね?それにお盆で殺生するのは何かダメだろ。

f:id:Mysk:20180612161319j:image
f:id:Mysk:20180612161257j:image
f:id:Mysk:20180612161242j:image

釣果が寂しいとかいうのはナシやぞ。疲れてる中深夜から早朝にかけて魚料理しまくる無人島生活のよゐこマジですごいと思うわ。

 

 

 

どれやるにしても費用の総額は多分そんな差なさそうなんだが取捨選択ができない甘い心の持ち主なので無限に決めあぐねておる。

早朝鬼ごっこ部

 

 

最近朝練にハマってきました。

といっても真面目に走るというよりは体力低下防止であったり、のんびりと技術面の確認だとか。でもずっとそればっかも何かアレなんで、今朝は諫早にある五家原岳に行ってきました。過去記事でキツい山って少し紹介した山です。

 

 

確か3~4時くらいに起床。自転車乗りの朝は早い。飯食って、タイヤに空気入れて前後ライトとサイコン、ボトル以外全部外し(登りは少しでも軽くしたい)て出発。乗り心地を良くするために空気圧は低めにしてます。低すぎるとパンクの原因になる(詳細は割愛)んですが、僕は体重55kgのガリなのでガラス片でも踏まない限りまずパンクしません。便利な身体だ。

 

 

f:id:Mysk:20180603090602j:image

登り口に着きました。最寄り駅は肥前長田。今日はタイム云々よりも楽に登るとか、ペース配分の練習です。時間と速度のグラフが[への字型]になる頭の悪い登り癖が直らないので、体力を温存するということをいい加減学習したいと思います。

 

f:id:Mysk:20180603091127j:image

鳥のさえずり片耳に、夜明けの静かな山道をタラタラ登るの気持ちがいいな?

 

f:id:Mysk:20180603091141j:image

序盤はこんな感じで緩い階段状の登りです。それ以降は容赦なく斜度と標高を吊り上げにきます。ひで。序盤以降休憩できるような緩い区間はありません。総距離13kmちょいを登りっぱなしです。

 

 

このへんをいい感じにダラダラ走ってたら、カーブの先の道路で立ち往生する猪(2頭)と遭遇しました。ガン見してるし…。とりあえず停車します。距離およそ20mくらい?少なくとも、小ぶりな個体とは言えそうにありません。

 

逃げます。当たり前です。野生動物から目をそらしたらいけないと聞いたことがありますが、僕はロード×下りだ。何とかなるやろ。すかさず身を翻して全力逃亡。コーナーで差をつけろ。

 

 

 

 

 

 

つかねえ!!!汗

何曲がってんだよお前!猪突猛進だろ!文が淡々としてて緊張感もクソもないのが残念だけど多分恐怖で顔が引きつってたと思います。直線に差し掛かったところでさすがに追いつけなかったのか、気づいたらいなくなってました。よかった(安堵)

 

 

 

f:id:Mysk:20180603093513j:image

ちょうど日が出たので、勝利の朝日を拝む図。あれどつかれてたらまず高速での落車でそこそこ怪我するし牙で転がされる追い討ちでも食らったら控えめに言って命に関わるのでマジで怖かったです。笑えねえ……

 

 

ビビり散らしたので帰ったぜ。人気のない時間帯での山道は……自粛!

 

 

友達も下りで突如現れた猫をひいてケガとフレームの破損という事態に遭ったことがあるそうな。しかも中々の高級品を。ホイールはまだ生きてるんですけど、それ履いてると道端で猫がチラつく機会が増えたんだとか。怖すぎない??

 

 

今日は切り絵をせり。たまにはサイクリング抜きでくつろぐ週末だって…いいよね!?

f:id:Mysk:20180603201855j:image

第3の智絵里。もこふわな冬物が似合う女の子は総じて神である。

 

 

ほしいもの

 

 

誕生日が7月の頭ですので、祝ってください。それと今回の記事との関連性は想像に任せます。

 

 

 

己の労力で欲しい物を手に入れた時の多幸感は病みつきになるのです。趣味を長く楽しんでいく上での伴侶となるものならば尚更。とはいったものの、ほしいもの残るはあと少し、ほんとにあと少しです。30分5万くらいで稼げるお仕事があれば余裕なんですけどね。

 

 

佐久間まゆ

f:id:Mysk:20180530071918j:image

もはや説明は不要。佐久間まゆさんのことだけを考えて生きていけ。かわいいまゆ、重いまゆ、病んでる(?)まゆ、一途なまゆetc……きみはどんなまゆでも愛せるかな?ぼくは愛する。モバまゆの全カードください。恋愛シンドロまゆで無限に頭クラクラしたさがある。佐久間まゆは中毒。佐久間まゆは毒牙。佐久間まゆはドラッグ。(いずれも褒め言葉)

 

f:id:Mysk:20180530072341j:image

↑[恋愛シンドローム]佐久間まゆさん。この頃のヤバさ全振りのまゆがすこなんだ…

 

 

 

⑵MAVIC キシリウムエリートUST

f:id:Mysk:20180530073115j:image

画面の中ではなく現実世界に目を向けるとやはり趣味に金を積みたくなるもの。最優先は自転車のホイール。今使ってるホイールが爆発しそうです。通称キシエリUST。中に空気を入れるチューブを不要とするチューブレス(まんまやんけ!)規格が特徴。耐パンク性能と乗り心地の良さがウリ。炭素製のバカ高価な決戦用機材は要りません。高いし、盗られるし、扱いに気を遣うし。そこそこ軽い中級グレードのもので気楽に走るのがいい。ちな炭素ホイール、扱いが下手糞だとブレーキの摩擦熱でリムが逝くよ!こわいね!

 

 

 

⑶RECON Feカセット

f:id:Mysk:20180530074807j:image

つぎも自転車用品。後輪に付いてるアレ。一般的にはスプロケットと呼称してますが、コグと呼ぶこともあります。

これ、一つの金属塊から削り出されて作られています。精密?正確?すごい技術です。工芸品か?他社のは歯ごとにばらけるのが大半です。耐久性重視でスチール製を考えてますが、軽さ全振りのアルミ製もあります。めっちゃ軽い。なお耐久性はお察し。あと、とても登りやすくなれそうなギヤ比(理屈省略)が良い。この案はRECON社が元祖ということで(他社にパクられた(?)製品が存在します)。正直スプロケ1個にしては躊躇う値段だけど、今更ケチっても五十歩百歩なのでこれがほしいです。DQN臭い金や酸化チタン色もありますが、僕はシンプルに銀色一択です。銀パーツの上品さを推していけ。

 

f:id:Mysk:20180530083456j:image

↑下の歯(軽いギヤ比)で細かく刻めているので、微細な負荷調整ができるんだゾ!

 

 

 

(4)釣具

f:id:Mysk:20180530080303j:image

魚釣り…(また)やりてえなあ!?

小学生から大学までずっと魚釣りやってましたが、大学3年から自転車にのめって釣具を全部売っぱらう愚行を犯しました。あらゆるルアーフィッシングをベイトリールで遊ぶド変態プレイに真面目に心血を注いでいたのでその方向性は変えません。ベイトリールはいいぞ。

前使ってたiPhoneに画像がたくさんあるのだろうけど、誤って捨ててしまったのか見当たりません。ひで。

f:id:Mysk:20180530081849j:image

f:id:Mysk:20180530082015j:imagef:id:Mysk:20180530210543j:image

ベイトリールと扱うルアー、操るロッドの話はあまりにも沼が深すぎるので割愛します。呆れる程に適材適所な機材選びを要求されます。特にリール。スピニングって滅茶苦茶扱いやすいんやなあ(遠い目)

 

多分アジングとか繊細な釣りくらいに絞ると思うからD社のSSエアかS社のアルデバランの2択かな。ロッドはぼちぼちなスペックでうまく万能向きなのとバランス取れるやつを一本。

 

 

 

(5)BROOKS カンビウムC17

f:id:Mysk:20180530082818j:image

そしてサドル。今の自転車を乗り心地オバケに仕上げるためにも足周りは妥協できんのです。ベース部分が硬質天然ゴム+座面が防水キャンバス地というやや変わった作り。一般的には発泡ウレタンとかカーボン、レザー、樹脂とか。ゴム製のベースがよくしなって尻にフィットする&振動を和らげるのだとか。だけどこれ、一般的なロード用サドルのおよそ倍近く重いのだ。だけどフレームがスチールだしもう重量を考慮する意味など皆無である。どうせデフォルトで重いんだよ!ホイールらへんとサドルを買えて遂にぼくの自転車は理想形となるのだ。うーん、待ち遠しいな?

 

 

 

 

 

 

新しい機材を使ってみて

 

ウィッス!暇なので記事を書きました。

クロモリのフレームを買っておよそひと月、距離的にはまだ1000kmには満たない位だと思うけど、過去の機材との比較を含めたインプレを少々。

 

 

今乗ってるのがこれ、クロムとモリブデンという金属の合金。ゆえにクロモリです。重いけど粘り強い性質(≒よくしなる)を持っているため、疲れにくい、乗り心地が良いといった性質を持っています。あと頑丈。

f:id:Mysk:20180528212142j:image

脚が死んでてもそれなりに走れるよう手助けをしてくれるような、そんな乗り味です。すき。

 

 

過去乗ってたのは炭素。デローザの848です。伊国の名門だけど入門機やんけ!と殴らないでください。それなりに軽くてシャキッとした乗り味。炭素は衝撃に弱いので取り扱いには注意が要ります。まゆすきが高じて塗装しました。現在ハンガーが壊れていて乗れません。12年式とやや古く換え品が見つからず、今の所再建の目処が立ちません。困った。

f:id:Mysk:20180528212729j:image

f:id:Mysk:20180528212907j:image

 

 

ぼくの初めてのロードがアルミ製の機材。大手TREKの1.2でした。友達がバイクを買う際に譲り受けました。今思えばもっさりした挙動だったような…。入門機だし、多少はね?今のクロモリより気持ち軽い程度か?後輩に譲りました。

f:id:Mysk:20180528213320j:image

 

 

軽快に走る分にはやはり炭素がいいかと。でも気ままに走るようならクロモリが好きです。ぼくの体重が軽いので、多少機材が重かろうが登りでかなり辛くなるといったことはありません。あんま変わらん(鈍感)

 

 

けど、距離を重ねると乗り味の違いが結構体に反映されてきます。疲れてるけど何か走れる感覚。炭素はそこ冷酷で、トルク掛けれないと遅いし進みません(と思う)。炭素でも長距離向けにしなやかに設計されたものがありますが、それは触ったことすらありません。

 

 

今履いてるホイールがデブなので挙動が重たいぶん、足周りを改善したら化けるんじゃないかなと期待してます。そこ以外文句はありません。気軽にサイクリングを楽しめるような、そんな機材です。やっぱ速さなんかよりも快適性なんだよなあ。

 

 

 

ちなみに素材と値段の話はどれもピンキリなので丸々割愛します。素材に関わらず安く買えるのもあればお高いのもある。余談ですけど、チタンやステンレス、竹、木材でできたフレームも存在します。

 

 

ホイールを新調したら夏の盆休みに18切符でやりたい放題したいなどと思案しております。

 

 

 

唐突な凸

 

遠くに行きたい…行きたくない?

週末に100~120km位走るのがすっかり常態化してて刺激が不足してきた佐久間です。ということで昨日阿蘇に行きました。

 

 

阿蘇に行こう

阿蘇はいいぞ。阿蘇は確か5回目くらい。もう景色がめちゃくちゃ良くて何回行っても飽きない。過去は地震の影響で迂回や行き止まり芸を何度も余儀なくされた(情報不足)が、かなり復旧が進んだ模様。阿蘇山草千里等の名所が解禁となった(?)。行くしかない。このへんの情報は僕自身不明瞭なので実際に見て確かめに行こうと思う次第である。

 

 

 

着きました。

長崎の道程はどうで(い)も良い!wので、割愛。強いて挙げるなら、島原の多比良からフェリーに乗りました。自転車込620円。爆安。もっと軽率に熊本に行こうな。もっとも、中心地から少し離れてはいるけど。

f:id:Mysk:20180527054018j:image

外で積み込み待機。明け方は少し寒かったゾ…

 

 

長洲から菊池を経て菊池阿蘇スカイラインを通るコース。阿蘇までのルートがジグザグしすぎててたかが40km位に手こずって時間を無駄にしてしまいました。GPS付きのサイコンという宝具を持っていながら、である。

 

菊池阿蘇スカイラインを選んだのは何か景色よさそうだったから。ではどうだったのか。

f:id:Mysk:20180527203550j:image

f:id:Mysk:20180528080301j:image

?????

スカイは???かれこれ20km近くただの山道を登りっぱなしなんですけど……と思ってたら、景色が開けてきました。

 

 

f:id:Mysk:20180528080359j:image

f:id:Mysk:20180528080431j:image

阿蘇カルデラに着いちゃったよ(唖然)

スカイラインって何。お陰様で体力をそこそこ消費してしまいました。いや20kmも登らんわ普通。そのあとしばらく眼前に広がる外輪山とカルデラの風景で優勝。

 

 

f:id:Mysk:20180528080535j:image

f:id:Mysk:20180528080733j:image

f:id:Mysk:20180528080800j:image

f:id:Mysk:20180528080828j:image

f:id:Mysk:20180528080925j:image

f:id:Mysk:20180528081121j:image

伝われ…このスケールの広大さが…!

 

 

一旦外輪山から阿蘇市に降りて昼休み。疲れた。マジで。全部菊池のせいである。

 

f:id:Mysk:20180528081149j:image

道の駅阿蘇で頂いた特産品ランチ。めっっっちゃおいしい(語彙の消失) 水が綺麗な地域のグルメは強い。これは確信である。

 

 

道路復旧で1番行きたかった草千里とかいうとこが道の駅阿蘇からすぐ行けるので、行くしかねえ!

↓道の駅出てすぐの交差点を直進。奥に見えるアレに登ります。

f:id:Mysk:20180528081337j:image

 

だいたい4~500mを約12kmかけて登るのだけど、こういう緩×長な山に慣れず、後半は這うように登りました。ペース配分こわれる

f:id:Mysk:20180528081654j:image

f:id:Mysk:20180528081812j:image

f:id:Mysk:20180528081917j:image

f:id:Mysk:20180528082019j:image

ウオーすっげ……(爽快) でもきついゾ。

青空と草原の、色合いがこう、なんかすき。

 

 

ヌッ!…やっと登りが、おわ、……

f:id:Mysk:20180528082221j:image

 

 

 

f:id:Mysk:20180528082257j:image

f:id:Mysk:20180528082329j:image

f:id:Mysk:20180528082408j:image

 やったぜ。山頂寒いし風つよーい!

ここで朝日とか雲海見れたらもうやべえだろうなあ。なんかピンク色の花、ナントカ(忘れた! )って花で育つのにかなりの年月を要する貴重(?)な花なんだとか。山頂で会ったおじさん談。今雲仙にも咲いてるよ。

 

 

f:id:Mysk:20180528083247j:image

↑絶景ダウンヒルで南阿蘇に降りて、熊本市内に抜けました。ここ道が単調すぎたのと眠いので記憶が曖昧です。多分ガス欠気味で調子が崩れかけていたのかもしれません。

 

 

疲れからか、自走帰宅を諦める雑魚。輪行袋は必ず持っていけという戒めを得ました。早朝チェックアウト時に撮影。

f:id:Mysk:20180528082922j:image

ここ良かった

 

 

脚力以前にスタミナ管理能力を問われる内容だったけど、阿蘇は今回も今回とて最高だったので准許とします。今度はグルメ全振りでまた遊びに行きます。時間に余裕を持ってな。

 

ということをフェリー客席で書いておりました。雨でずぶ濡れで震えております。素直に風邪です。

 

(追記)

阿蘇らへんの道路状況を示した地図を貼っときます。熊本県の観光案内かなにかのサイトから頂きました

f:id:Mysk:20180528104915j:image

 

あと、阿蘇に咲いてたやつ、ミヤマキリシマという花です。九州の高原に咲く花で、天然記念物なのだそう。

 

 

やるべき事

 

僕の自転車を買って早くも1ヶ月が経過しようとしています。時の流れははやいものです。

 

f:id:Mysk:20180524142820j:image

京都に店舗を構えるVIGOREというクロモリ職人さんからフレームセットを購入させて頂きました。飾り気のないシンプルな佇まいが好きです。ホイールがもうすぐ寿命で爆発しそうです。

 

 

さて、自転車を新調した際にやることがあります。防犯登録です。怠惰なことに僕はまだ登録してません。これ、店頭で買ったら会計の時にその場で登録するのが一般的ですが、通販で配送してもらった場合(僕です)、近くのショップに持ち込んで登録してもらう必要があります。海外通販やメルカリ、ヤフオク等もこれに該当すると思います。

 

 

必要なものは

  • 購入証明
  • 現住所がわかる身分証明書
  • 印鑑
  • ※譲渡証明
  • 500円(地域によっては600円だったり)

 

かな。購入証明というのは納品書とはまた別で商品に同梱されています。されているはずです。

 

f:id:Mysk:20180524150118j:image

こんなの。ツールケースに入れてたら紙がヨレてしまいました。猛省。日付が18/04/08になってますが、本来は28日でお店が誤字ったと思います。春は繁忙期で忙しいもんね。しゃーない

 

 

あと2つは今更感なので割愛。

 

メルカリなど個人間での売買や友人知人からの譲ってもらう場合、譲渡証明書というものを送り主に書いてもらう必要があります。中古品の売買だと上記の購入証明は貰えないので、その代わりにこれを提出して防犯登録するって形になります。

f:id:Mysk:20180524144134j:image

ネットからPDFを印刷して必要な個人情報や自転車の詳細を記入して、押印してもらいます。車台番号は購入証明に記載されていたり、フレームに刻印されてる場合もあります。

 

あとは貰い手の記入欄に必要事項を書いて、押印です。車体の防犯登録情報が前の持ち主のままだと、もしお巡りさんに絡まれた際面倒です。友人間での取り引きだとこの辺結構ガバりがちなので、ちゃんとやりましょう。メルカリなんかでも譲渡証明に関して記述されてたら、この人はちゃんと(?)取り引きできる人だと判断できます。まあ文章の綴り方でおよそ民度というか信ぴょう性は予想できると思います。梱包が粗雑だとか説明と比較して実物の状態が良くないだとか。個人間のやり取りで地雷を踏まないよう充分気をつけたいです。

 

自転車レース等のイベントで防犯登録されていないと車検ではじかれる…のか?わかんないけど、防犯登録はチャリ乗りの義務なのでやりましょう。ハァ〜…すぐ近所にショップあればいいんだけどねえ。ちなみに、個人経営店だと持ち込みでの防犯登録や整備等を拒否られることもあるようです。やっぱよそ者感というか都合よく利用されてるように思えて持ち込みは気に食わないんでしょうかねえ。チェーン店ならやってくれると思います。ワイズとかあさひ、あるいは(自転車を扱ってる)デポとか。

 

 

レースといえば、大学の後輩たちの最後の大会が今週末に行われるようです。今の世代はちゃんとフルメンバー足りてるので頑張ってほしいです(羨望)。僕らは2人足りず決勝レースでボッコボコにされました。

 

今週末は大村のあさひまで防犯登録しがてらそのへん適当にサイクリングしようと思います。

スタッフさん事務作業ふやしてごめん、ゆるして